紫外線による肌の日焼けが気になりだすと、お肌への対策をしっかりとしている方が多いかと思います。

紫外線は肌だけではなく髪の毛や頭皮へも影響を与えます。

私がまだ10代のころはお肌にだけ紫外線対策をしていて、そもそも髪にも紫外線対策が必要なんてまったく知りませんでした。

そのせいか、とくに夏になるとなぜか髪の毛がパサパサになって乾燥したり、あきらかに毛先の痛みがひどくなっていました。

「夏で湿気があるはずなのになぜか髪がパサパサする」「髪の毛を染めていないのに髪が茶色くなってきている」など、その悩みはもしかしたら紫外線が原因かもしれません。

この記事では、紫外線が髪へ与える影響やダメージ、それに対するオススメのアイテムや対策、予防方法についてお伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

紫外線が髪に与える影響やダメージ

なんのケアもしていない髪に紫外線があたると、紫外線が髪に吸収されて髪の毛の元となっているアミノ酸が酸化してしまい、システイン酸という成分が作られます。

アミノ酸は美しく健康な髪の毛を保つために必要な成分で、一度システイン酸が作られてしまうと二度とアミノ酸には戻ることができません。

アミノ酸が少なくなれば、切れ毛や枝毛、乾燥の原因になるなど、髪の毛が不健康な状態になってしまいます。

さらに、紫外線は髪のキューティクルを焼いてしまうと言われています。

キューティクルは外からの刺激から髪の毛を守ってくれたり、髪の毛の水分を逃がさないようにしてくれています。

髪にツヤがでるのも、このキューティクルのおかげです。

そんなキューティクルが紫外線で焼かれてしまうと、髪のバリア機能が失われてしまい、切れ毛や枝毛、乾燥の原因となってしまいます。

また、アミノ酸と同様、一度なくなったキューティクルは二度と修復をすることはできません。

なぜアミノ酸もキューティクルも二度と元には戻せないのかというと、髪の毛というのはいわゆる「死んだ細胞」でできていて、髪の毛自身が成長したり修復することができません。

髪の毛が成長しているように見えているのは、毛根が細胞を作っているからになのです。

紫外線が髪に与える影響はこれだけではありません。

髪が茶色になるのも紫外線の影響によるもの

私もヘアカラーをしていないのに、夏場になると髪が茶色くなってしまう経験があります。

私の地毛はそれこそカラスのように真っ黒なのですが、ある日なぜか勝手に髪の毛が茶色になります。

とくに毛先の部分が茶色くなっていて、パサパサに乾燥していました。

当時は「なんで髪の色が茶色くなってるの?」くらいにしか思っていなかったのですが、あまりにも気になったので調べてみると紫外線が影響していること判明。

もちろん、髪が茶色くなるのは遺伝や年齢によるものもありますが、紫外線でキューティクルが焼けて失われてしまうと、髪の成分のひとつであるメラニン色素が失われてしまって髪が茶色くなってしまいます。

そして毛先は根元の髪の毛より生えてきて長く時間が経っているので、毛先のほうがダメージを蓄積していてキューティクルが失われやすくなっています。

とくにロングヘアの場合は毛先が茶色くなったり乾燥しやすいです。

私も髪が長いほうなので、毛先からキューティクルが失いメラニン色素が少なくなっていたので、髪の毛がパサパサになって茶色くなってしまっていたのです。

髪の紫外線予防

私が実際にしている髪の紫外線予防を紹介します。参考にしていただければと思います。

髪は紫外線のダメージを受けてしまうともう二度と元には戻らないので、いかに紫外線のダメージを受けないようにするのが大事になってきます。

 

まず1つ目は、帽子や日傘で髪の毛に紫外線をあたらないということです。

やはり、まずはUVカット加工がされている帽子や日傘を使って、紫外線から髪を守ることからになります。

基本的な対策になのでわかっているのですが、私はどうしても「帽子は髪型がくずれる」「日傘は荷物になる」と思ってしまいます。

 

そんなときは、2つ目の対策として、UVカット効果のあるヘアクリームやヘアスプレーで髪にも日焼け止めをします。

私は、ルシードエルのヘアクリームを使って、。ヘアスタイリングと同時に紫外線予防するようにしています。

ヒアルロン酸も配合されているので、パサつきがちな髪の毛もしっとりとまとめることができて一石二鳥です。

クリーム自体の質感はとてもやわらかく、手の平に伸ばすときも非常に伸びやすくてダマになったりしません。

かたさのあるワックスやクリームを使うと伸ばすこと自体に時間がかかり、朝のいそがしい時間に余計に焦ってしまってスタイリングがうまくいかないんですよね。。。

私は髪が長く量も多いのでどうしてもドライヤーを使う時間が長いので、ドライヤーの熱から髪を守ってくれるヒートプロテクト処方もされているのも良いです。

朝や日中だけではなくナイトケアとしても使えるので、まさに1日中このクリームさえ持っていれば紫外線対策もヘアケアも両方叶えることができる優れものです。

口コミでは「香りが若干キツい」「少しゴワゴワするかも」という意見もありますが、値段がおよそ600円でコスパがよく、手に入りやすいということで評価はまずまずです。

 

そして、もうひとつのオススメは、サンカットのプロテクトUVスプレーになります。

「SPF50+」「 PA+++」なのでUVカットの効果は言うことなしです。

無香料で香りが髪につかない、透明なスプレーなので白浮きしにくい、逆さまにした状態でもスプレーできるので塗りにくい頭の後ろなどにもムラなくぬれるのがオススメなところです。

私はいつもさきほど紹介したヘアクリームで髪の毛を整えてから、仕上げ感覚でこちらのヘアスプレーをまんべんなく髪の毛全体に使っています。

ただ、いくら白浮きしにくいといってもスプレーする距離が近すぎたり、多くスプレーしてしまうと白く残ってしまうことがあるので、そこだけは注意が必要です。

私は一度それで失敗して頭頂部だけ白くなってしまったことがあります。。。

紹介したヘアクリームとヘアスプレーは髪の毛だけでなくお肌にも使えるので、私のような面倒くさがりの性格の人にはかなりオススメです。

紫外線のダメージを受けたときはヘアトリートメント&ヘアパック

帽子や日傘、UVカット効果のあるクリームやスプレーで紫外線対策をしていても、常に完璧に紫外線を防ぐことは難しいです。

「紫外線予防していたけど、うっかり紫外線を長時間浴びてしまった」というときの対策を紹介していきます。

その対策として。私はいつもより念入りにトリートメントやヘアパックをしています。

普段からトリートメントやヘアパックなどを使っている人もいるかもしれませんが、「今日はよく日に当たったな」と感じるときは、いつもより丁寧に時間をかけてトリートメントをします。

そして、トリートメントをしたあとに髪にラップを巻いて湯船に浸かっています。

ラップを巻くと髪がすごくしっとりするんですよね。

ラップを巻いた状態で湯船に浸かることで湯船から出る湯気がスチームのような効果をしてくれるのでより一層、トリートメントの効果を高めてくれます。

美容院で、髪にラップを巻かれてヒーターで熱を与えられたりするのと同じですね。

美容院のようなプロの仕上がりとまではいきませんが、それでも単純にトリートメントをして流すより髪のうるおいがだいぶ変わってきます。

ラップを外してシャワーで流すと、いつもより髪がトゥルンとしているのが触ったときにわかります。

髪を乾かしたあとも髪のパサつきや乾燥が気にならず、しっかりとトリートメントが髪を補修してくれているのが実感できます。

使用するトリートメントはいつも使っているもので大丈夫なので、ぜひ試してみてください!

まとめ

  • 紫外線が髪の毛に与える影響は思っている以上に大きい
  • 紫外線でキューティクルがなくなると髪の毛が茶色くなってしまうこともある
  • まずは紫外線を予防して髪を守る!
  • それでもダメージを受けてしまったら、しっかりケア!

季節を問わず、曇りや雨の日でも紫外線は絶え間なく降り注いでいます。

ご紹介した予防と対策が参考になれば嬉しいです。

 

今回はここまでになります。最後まで読んでくれてありがとうございます。

Sponsored Links
おすすめの記事